リフォーム動機

リフォームをした中古マンション

中古マンションを買って自分が住みやすいと思うようなものに内装をリフォームをして住むことにすれば、新築マンションを買うより、ずっと安い費用で済む。
その時問題になるのは、内装をリフォームをしてもらう業者探しだ。
それとリフォームする時、共有部分であるベースになるコンクリートの構造部分は触ることが出来ない。
それとマンションによって違うが、インフラ関係(ガス、水廻り、電気施設、電気容量)には制限のある所がある。
もしオール電化したい場合は、前もって確認しなければならない。
一戸建てと違って、マンションには、一棟に所有権を持っている人が複数いるので、管理運営に決めた法律に従って運営される。
当然リフォーム工事は届け出て、許可をもらわなければならない。
業者はマンションのリフォームが得意なところを選ばなければならない。

中古マンションを快適な空間に変身させる

中古マンションをリフォームして自分にとって居心地の良い場所に変えるのは良いアイデアだと思う。
リフォームをする時、マンションにはいろいろな制約があるから、それを良く知ってリフォーム計画を立てなければならない。
まず今払える大まかな予算を決めて依頼したい複数の業者にそれを伝えなければならない。
業者達に無理のないプランを立ててもらって、工法や見積金額を見比べる。
依頼したい業者や設計者を選ぶ時には、その人たちの業績をホームページで見たり、会社のショールームを見てまわるとよい。
もちろんこういう生活空間を作って欲しいという希望を詳しく伝える必要がある。
リフォーム着工前に、アフターフォローはどうなっているかということをはっきり確認しておく必要がある。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top